読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかなかどうして、この有様よ。

へたれ系PG/SEの技術系メモ+育児日記。

Androidアプリを作ってみる。その2

と言うわけで、前回から引き続きAndroidアプリを作ってみようと思ったり。

次は、開発環境を設定するところからやろうと、とりあえずADTを以下のサイトからダウンロード。

http://developer.android.com/sdk/

これはEclipse + ADT pluginで構成されてるSDKなので、自分で環境入れようと思えば入れられるけど、今回はめんどくさいのでこれをそのまま利用。
楽できるところは楽しないと、ね?(言い訳

これは英語版なので必要であればPleiadesをいれて日本語化をして使いやすいように。
私はめんどくさいので日本語化しました。(ぇ

日本語化の手順は、

  1. Pleiadesサイトからプラグインをダウンロード。

    Eclipse 日本語化 | MergeDoc Project

  2. ダウンロードしたファイルを解凍してそれぞれのファイル(pluginとか)の"中身"をADTのEclipseのファイル(pluginとか)を"開いて"コピペまたはD&D。*1
  3. Pleiadesのreadmeファイルを参考にeclipce.iniファイルに追記。
    私の環境だとこんな感じなので、このiniファイルの末尾にPleiadesのパスを追記。
    /Applications/adt-bundle-mac-x86_64/eclipse/Eclipse.app/Contents/MacOS/eclipse.ini
    -javaagent:/Applications/adt-bundle-mac-x86_64/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
  4. 再起動すればあら簡単、日本語化されちゃう。

という感じ。

後は、ADTを最新化して、これでAndroidの開発環境は完成という感じで。
起動したついでに今回開発するためのプロジェクトを作成して完了。

次は、Twitterクライアントを作る上で必要になるTwitter4Jを用意。
以下のサイトからダウンロード。

http://twitter4j.org/ja/index.html

ファイルを展開したら、/lib/twitter4j-core-4.0.1.jar を、ADTで作成したプロジェクトの/libs にコピー。

これでライブラリの設置までは完了なので、次からは実際に利用するためのUtilを作成してく感じで。

おつかれさまでございました。 

*1:環境がMacなのでここでWindowsと同様にD&Dすると、ご丁寧に中身全消しした上に新しいファイルを置いてくれる"親切な"Macに泣いた事がある。